2018年5月4日金曜日

絵本『10才のころ、ぼくは考えた。』(福音館書店)





https://www.amazon.co.jp/10%E6%89%8D%E3%81%AE%E3%81%93%E3%82%8D%E3%80%81%E3%81%BC%E3%81%8F%E3%81%AF%E8%80%83%E3%81%88%E3%81%9F%E3%80%82-%E6%9C%88%E5%88%8A%E3%81%9F%E3%81%8F%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E3%81%B5%E3%81%97%E3%81%8E2018%E5%B9%B46%E6%9C%88%E5%8F%B7-%E4%B8%8B%E8%A5%BF%E9%A2%A8%E6%BE%84/dp/B07BZ3L77S/ref=zg_bs_492380_2?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=9BXQ08J0E3PSJ8MF0N54

はじめて執筆した絵本『10才のころ、ぼくは考えた。』(福音館書店)が発売されました! 何かを「考えよう」とするすべての子どもたちへ。そして、考えて生きることの喜びも悲しみも知った大人たちへ。多くの人に届くと嬉しいです。
http://amzn.to/2HngT2h 

下記、出版社(福音館書店)に掲載されている説明です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

若き哲学者による少年時代の思考の回想記。生とは? 死とは? ぼく/わたしとは? だれしもが出会い、いつしか忘れてしまう根源的な問いに、ひとり手探りでむかった。自然科学ではこたえてくれない“なぜ”の入り口に立つ小学生の子どもたちに、「考える」ことの可能性をとどけます。「哲学」は、生きることの意味を永遠に問い続ける学問です。 

読んであげるなら ― 

自分で読むなら 小学中学年から 

下西 風澄 文 / 浅井 美紀 写真

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

0 件のコメント:

絵本『10才のころ、ぼくは考えた。』(福音館書店)

はじめて執筆した絵本『10才のころ、ぼくは考えた。』(福音館書店)が発売されました! 何かを「考えよう」とするすべての子どもたちへ。そして、考えて生きることの喜びも悲しみも知った大人たちへ。多くの人に届くと嬉しいです。 http://amzn.to/2HngT2h...